ホーム > 歯科口腔外科・欠損補綴

歯科口腔外科・欠損補綴

歯科口腔外科・欠損補綴

誰でも、お気に入りは愛着が湧くもの
歯を長持ちさせる秘けつは、治療方法を自分で選ぶこと。

食べ物の好き嫌い、持病、生活時間など、人にはさまざまなライフスタイルがあります。
また、年齢に応じて、暮らし方も変化してくるでしょう。これらの要因が、どのようにして歯の疾患に関わってくるのか、しっかり見据えることが重要です。

当院では、保険の範囲内で行える治療を第一に考えますが、見た目や違和感などを気にされるようであれば、ご要望に応じたプランをご提供します。
患者さんが納得し、気に入った治療をしてこそ愛着も湧き、ひいてはメンテナンスにも気を配っていただけると信じています。

歯が欠けた・抜けた

異物などをかんだり、食器が当たったりすることで、歯の表面が欠けることがあります。
これをそのまま放置しておくと、ばい菌などがたまりやすく、虫歯の原因となることがあります。
歯が抜けた場合でも、ブラッシングが行き届きにくくなりますので、早めの治療を心がけてください。

部分義歯

部分義歯

いわゆる部分入れ歯です。保険の適用範囲となりますので、費用が比較的安く済みます。
特徴としては、入れ歯の前後にある歯を削らずに装着できることです。ほかの歯の色に合わせるなど、自然な仕上がりをめざします。

総義歯

総義歯

顎の型をとり、かみ合わせや舌の力などのバランスを考えながら、ぴったりとフィットした総入れ歯を設計していきます。
当院には専属の歯科技工士がおりますので、細かなご要望を、正確に反映いたします。

ブリッジ

ブリッジ

隣接した歯との間に「橋を架ける」ようにして欠損を補うのがブリッジです。
入れ歯と比べて異物感は少ないですが、前後の健康な歯を削る必要があります。

インプラント

インプラント

歯根の部分に特殊な部品を埋め込み、差し歯を取り付ける治療方法です。
歯周病などが理由で、歯根自体がダメージを受けている場合は、注意する必要があります。

また、保険の対象外ですので、費用もそれなりにかかります。

親知らず外来

親知らず外来

顎の幅などが理由で、本来上に向くはずの親知らずが、横向きに生えてくる場合があります。
そのまま放置すると、隣接した歯を圧迫し、痛みや腫れを伴うことがあります。

もし、正常に生えそろうようであれば、無理に抜く必要はありません。
しかし、横に向いた親知らずが隣接した歯に食い込んでしまうと、症状によっては大手術が必要です。

そうなる前に、将来のリスクを予見する意味で、検査だけでも受けてみてはいかがでしょうか。
特に問題がなければ、施術などはいたしません。
仮に危険な状態であっても、早い段階であれば、数分程度のお時間で済むでしょう。